テレビアンテナ工事が必要になる災害トラブルの症状

テレビアンテナ故障の主な原因

屋外に設置されているテレビアンテナですが、時としていろいろな不具合を起こすこともあります。原因が違えば対策も異なります。そこでテレビアンテナが故障する原因として主だったものをこれからいくつかピックアップしていきます。

災害が原因だと思われる症状

大雪などが原因となるテレビアンテナの倒壊
大雪や台風によって、テレビアンテナが倒壊したり傾いてしまったりすることがあります。大雪や台風の後でテレビが映らなくなったのであれば、テレビアンテナを目視してみましょう。もしテレビアンテナが倒れたり傾いていたりしても、テレビアンテナそのものがダメージを受けていなければ、立て直して角度調整することで問題は解決します。ただしテレビアンテナやポールが変形している、エレメントが折れているのであれば、新しいものと交換したほうがいいでしょう。
突風や竜巻による被害
突風や竜巻など、強い風が吹いた時にテレビアンテナの方向が変わってしまうことがあります。もし突風の吹いた後にテレビが映らなくなってしまったのであれば、近場のテレビアンテナの向きをチェックしましょう。多少のズレでも、特に衛星放送などはとたんに映らなくなることもあります。テレビのレベル表示を確認して、数値が最大になるところにテレビアンテナの方向を調整しましょう。そうすれば、再び問題なくテレビが視聴できるようになるはずです。

テレビアンテナにも寿命がある

アンテナ

テレビアンテナそのものが寿命を迎えることで、テレビが映らなくなることもあります。一般的にテレビアンテナの寿命は10年といわれています。屋根の材質やテレビアンテナを止めている針金などで寿命は左右され、10年を超えても問題なく使用できているテレビアンテナもたくさんあります。しかし10年経過したところで、メンテナンスを行えば、引き続き長くテレビを快適に視聴できるでしょう。特に沿岸部の家の場合、塩害を受けやすいので、他と比較してテレビアンテナの劣化も早くなる傾向があり、充分な注意が必要です。

TOPボタン